検索エンジン最適SEOはコンテンツ重視にシフト

グーグルの検索エンジンの精度向上は著しく、小手先のSEOテクニックでは検索上位どころか寧ろ逆効果となります。
不自然な外部リンクやキーワードの羅列など、過去に通用していたSEO手法は、やらない方が良いというくらいの状況となっており、「圏外に飛ぶ」と表現されるように、検索順位を大きく落とす事に繋がります。
スパム判定されると、キャッシュから削除され、サイトが存在しないのと同じ状態になってしまいます。
アルゴリズムで判定されること意外に、担当者が目視で判定し「質の低いサイト」であると判定することで圏外となるケースもあります。
また、コンテンツの質が最重要となりましたので、コンテンツを他サイトからのコピペする、自分のサイトのコンテンツを流用するなどの行為も重複コンテンツに分類され質の低いサイト判定されます。
いったんペナルティを受けたサイトを、以前の状態に戻すのは容易ではありません。
コンテンツの再構築とグーグルへの申請を行なうことで、解除の手続きを行うことができますが、簡単には許可されないからです。
このような事態にならないためにも、コンテンツをグーグルのポリシーに従った形で作っていくことが重要となります。

内部修正でサイトの評価を上げる

関連メニュー

更新情報のお知らせ

CopyrightSEO All Rights Reserved.

SEO